リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市

施工エリア

千葉市 中央区 緑区 若葉区
稲毛区 美浜区

市原市 袖ヶ浦市 木更津市

長柄町 長南町 大多喜町
千葉県全域

リフォーム,住宅リフォーム,費用,価格,外壁,屋根,瓦,棟,フェンス,耐震,キッチン,トイレ,エクステリア,

リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市 の トップページへ戻る

お客様の要望

『コンクリート製の汚水マスが壊れて漏れているので取り替えたいんです。』


ご依頼の理由

『以前から塗装、キッチン、お風呂など色々とお世話になっているので今回もお願いしました。』


リフォームでこだわった事

工事中はキッチン、洗面所、お風呂、トイレが使えないのでなるべく早く工事を終えるようにしました。


お客様に喜びのために

割れや漏れに強い樹脂製の汚水マスを使用しました。
汚水のマスや配管の近くには水道やガス配管などがあるため、安全を考え手作業で掘削するようにしました。


お客様の声

『漏れが分かってからすぐ工事をしてもらってたので助かりました。』


※画像をクリックして拡大でご覧ください。

左写真左)
工事前の汚水マス


汚水マス内部
(写真下下

キッチン、洗面所(洗面台、洗濯機)、お風呂、トイレなどからでる廃水は、家の回りの地下に埋めた配管を通って共用の下水配管へ流され下水処理場まで行きます。家の回りの地下に埋めた配管にはキッチン、洗面所(洗面台、洗濯機)、お風呂、トイレごとに汚水マスが取り付けてあり、以前はコンクリート製でした。
コンクリート製のマスに穴を開けて汚水を敷地外に流す配管(写真の上に見える樹脂製配管)と家から流し込む配管(写真の右下、これは洗面所からの廃水管)を接続しています。配管との接続箇所が割れる。木の根が入り込む。マス本体の割れ。などの原因による漏れが多くあります。汚水マス全部を確認したところ、劣化も見られるので全数取り替えることにしました。


(写真右右
汚水マス、配管回りの掘削


汚水漏れ箇所
(写真下下

各所の汚水マスは敷地外に流す太い配管とつながっているため、全て掘り起こして汚水マスを取替え、ふたたび配管をつなぎこむ作業になります。
漏れ箇所は、洗面所(洗面台と洗濯機)からの廃水が流れ込むマスで、敷地外に流す配管との接続箇所でした。


左写真左)
新しい汚水マス設置


汚水マス施工
(写真下下

新しい汚水マスは樹脂製です。敷地内の汚水配管はマスも含めて、敷地の外へ約1/100程度の勾配をつけて流すことが決められています。既存の配管や新しいマスの接続位置によって、決められた勾配になるように調整しながら取り付けていきます。
汚水マスに接続する配管や高さ調整材なとに漏れが出ないように全て専用の接着剤で接着します。写真は高さ調整材を入れる箇所に接着剤を入れているところです。


(写真右右
汚水マスの高さ調整


汚水マス取替え中
(写真下下

汚水マスから地面まで約20cmほどあるので、高さ調整材で高くします。この高さ調整材も配管の角度や地面の凹凸に合わせてカットしてなるべく地面よりちょっと高めにします。あまり高いとつまづきの原因になり、低いと土に埋もれて位置が分からなくなるからです。
5箇所の汚水マス取替え予定で3箇所終わりました。水回りが使えないと不便なので取替えが終わった箇所から使用できるようにしました。
汚水マスやその配管は家の基礎近くに埋められていますが、この近くにガスや水道配管も一緒に埋められているため、掘削作業は安全な手掘りとなります。



障害物の復旧    取替え終了
(写真下下)      (写真右右



汚水マスの近くにあり作業上邪魔になった給湯器は掘削前に取り外しておきました。
取替え後の取り付けをしています。今回は給湯器でしたが、大きい物置や花壇などある場合は作業が大変になります。
新しい汚水マスはフタが白いので位置が良く分かります。給湯器も取り付けが終わり、回りの地面もならし、ゴミや残骸の後片付けをして終わりました。


リフォーム概要

リフォーム期間

H21年12月 2日間      

大まかな費用

約15万円  

地域(県・市・区)

千葉県市原市

 


お問合せ

千葉中央ビルダーネットのロゴ

千葉中央ビルダーネットはトステムフランチャイズチェーンの「田仲トーヨー住器」が運営する地域の優良工務店ネットワークです。

千葉中央ビルダーネットでは、地域でまじめにがんばる優良工務店の施工例や最新イベント情報を紹介しています。


提供:ホームページ制作SEO対策担当e売るしくみ研究所