リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市

施工エリア

千葉市 中央区 緑区 若葉区
稲毛区 美浜区

市原市 袖ヶ浦市 木更津市

長柄町 長南町 大多喜町
千葉県全域

リフォーム,住宅リフォーム,費用,価格,外壁,屋根,瓦,棟,フェンス,耐震,キッチン,トイレ,エクステリア,

リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市 の トップページへ戻る
シロアリ被害によって床の強度が低下
リビングのフローリングをリフォーム



お客様のご要望

 ・シロアリによる木材被害を発見したので床を張り替えしたい。
 ・床下の防蟻、防腐処理をお願いしたい。
 ・ペットがいるのでクッションフロア仕上げにしてほしい。


工事の流れ
シロアリ被害から工事依頼
床作りとシロアリ消毒
2重張りと断熱材入の床作り
クッションフロア張りからリフォーム完了まで



シロアリ被害から工事依頼

きっかけはリビングを歩くと所々の床がフワフワするということで、お客様が床下に入り確認したところ蟻道と木材被害を見つけ、弊社への工事依頼となりました。

工事内容をお客様とご相談させていただいた結果

・床板と床下の根太、大引き、束、断熱材を取り替え
・土台はそのまま
・束石は再利用
・床板は2重張り
・床下の防蟻、防腐処理
・床の仕上げ材はクッションフロア


【リフォーム前】

お客様宅はワンちゃんを室内に入れているため、フローリングの上にクッションフロアを敷いてありました。
クッションフロアを剥がすと、床がフワフワする部分がシロアリ被害で穴が開いていました。

【工事中】

まず、床を切って剥がして行きます。
断熱材を取り除きます。


シロアリ被害で根太がスカスカになっています。
これでは床の強度が無く歩くと沈み込みフワフワします。





床作りとシロアリ消毒
【工事中】

床下に入って確認すると蟻道(シロアリが通る道でトンネルの様になっている)がコンクリート基礎、束、大引き、根太などに有ると回りの木材が食べられて中がスカスカになります。
床下や壁中の状態はなかなか分からないので、気がついたときには大きな被害になっている場合が多いです。
床の解体工事を進めていくうちに床下の地面から束に沿って蟻道がありました。




続いて床板、根太などほとんど取り外しができました。
さらに、大引きも取り外して行きます。
右の写真はシロアリ被害に遭った大引きです。
シロアリによって中がスカスカになってしまっているのがわかりますね。



こちらでほぼ床下の解体が終わりました。
全て解体した後に土台に防蟻・防腐処理剤を散布しました。
これで蟻が寄り付かなくなることでしょう。



防蟻・防腐処理剤が乾いた翌日から床作りに入りました。
根太掛けから取付けて行きます。
大引きを渡しその上に根太を掛けていきます。



こちらの接合部分は、以前の木製ではなく、シロアリ被害のない鋼製束を使用しました。
その後、ボンドでしっかりと接着し、大引きとはネジで接合します。
大引き・根太・束・根太掛け等の床下ができたら全体的に防蟻・防腐処理剤を散布します。




2重張りと断熱材入の床作り
【工事中】

以前の床は断熱材が無く、床板一枚を張っただけの作りでしたが、最近では断熱性と耐久性を考え、以前より断熱性のある断熱材と床板の2重張りが標準となってきました。
根太、根太掛け、大引きなどに散布した防蟻・防腐処理剤が乾燥した翌日、断熱材の敷き込みから開始です。
根太の間に断熱材を入れたら、捨て張り(1枚目)のベニア板を張っていきます。



重ね張り(2枚目)のベニア板も窓際まで仕上がりました。
床にあるガスと電気コンセントの切り抜きをし、きれいに収まるようにしました。


左の写真は工事が終わった直後の写真です。
隙間なくきれいに仕上がりました。
しかし、壁に隙間が出るようになりました。
この原因は工事前の床が傾いており、それを水平にしたことによるものです。



そこで床板(ベニア板)の継ぎ目を処理するパテ工事に合わせて対応することにしました。
壁と床の隙間に発泡性の塞ぎ材注入(水色の部分)しました。乾燥すると堅くなり凹むようなことはありません。
床板(ベニア板)の継ぎ目を処理するパテ工事もきれいにできました。




クッションフロア張りからリフォーム完了まで
【工事中】

クッションフロアを張る準備から開始です。
今回は2メーター幅(メーターモジュール用)のクッションフロアを2枚並べて張ります。
一度敷いてみてつなぎ合わせや納まり状況を確認していきます。
張り方が決まったら専用の接着剤を塗布していきます。


クッションフロアを張ったらつなぎ目や壁回りを状況に合わせカットしていきます。
古い木製の代わりに樹脂製ソフト幅木を新たに張っていきます。

【リフォーム後】

左の写真はガスと電気コンセントの取付けした部分になります。
きれいに取り付けが完了しました。


シロアリ被害にあった床が新しくなり、お客様もホッとされたご様子でした。
しっかり防蟻・防腐処理剤を散布を行ったので、永久的でないですが約5〜10年はシロアリに悩まされる心配がありません。

シロアリ被害による床のリフォームについて何かお困りごとがございましたら、ぜひ弊社へご相談ください。
お客様の予算や希望に合わせたリフォーム内容をお客様とお話ししながら進めさせていただきます。

【リフォーム概要】
■所在地 :千葉県袖ケ浦市
■施工期間:約4日間
■概略費用:約30万円
右この施工例の詳細はこちらから代表ブログでチェック
お問合せ

千葉中央ビルダーネットのロゴ

千葉中央ビルダーネットはトステムフランチャイズチェーンの「田仲トーヨー住器」が運営する地域の優良工務店ネットワークです。

千葉中央ビルダーネットでは、地域でまじめにがんばる優良工務店の施工例や最新イベント情報を紹介しています。


提供:ホームページ制作SEO対策担当e売るしくみ研究所