リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市

施工エリア

千葉市 中央区 緑区 若葉区
稲毛区 美浜区

市原市 袖ヶ浦市 木更津市

長柄町 長南町 大多喜町
千葉県全域

リフォーム,住宅リフォーム,費用,価格,外壁,屋根,瓦,棟,フェンス,耐震,キッチン,トイレ,エクステリア,

リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市 の トップページへ戻る
壁・天井・床・トイレの移設・クロス工事



お客様のご要望

沢山のマイクロバスを保有しているため車庫と事務所を併用した建物を以前に
作りましたが、うまく利用されていなかったため、社長さんから新たに事務所を
作り直したいとのご依頼でした。

建物自体は通りに面していますが看板などなく余り目につかない感じでした。


工事の流れ
壁・天井つくり
床・内壁つくり
トイレ移設
クロス工事



壁・天井つくり

エアコン、照明、照明スイッチ、コンセントといった設備や机、本棚、
ソファの家具・・・・それぞれの位置をきっちり決めておくことも
とても大切なことです。

その為には、リフォームした又は増設した部屋をどのように使用するか
ハッキリしたイメージが無くてはなりません。

今回も壁や天井板が張り終えたところで、何度か確認していただき使用イメージと
異なった場合はご希望に合うようその都度変更していきました。

リフォーム前はドアを開けて入ると、
受け付けも有りますが、事務所自体あまり
活用されていませんでした。


土台を取付、アンカーボルトできっちり
固定した後、土台の上に柱、筋違を建て、
金具でも固定します。


天井用の野縁を取付けて、照明、
コンセント、TVの電気配線も
通していきます。


外壁も張っていきます。




床・内壁つくり

現状はコンクリートスラブ(鉄筋コンクリート造りの床)上に室内の床をつくる、
置き床又は乾燥二重床と言われる工法で作られています。

この工法はコンクリートスラブ(鉄筋コンクリート造りの床)と室内床の間に空間があるため水道配管、電気配線などある程度自由に行うことが可能な利点があります。


鉄筋コンクリート造りの床の上に
パーチクルボードを張り、更にベニア板を張っていきます。


壁内には断熱材を入れて12mm石膏ボードを張り付けていきます。
その後、室内のコンセント、照明スイッチなどの位置に電気配線を通します。


排水配管を通した床ができたので
次に壁張りに入ります。




トイレ移設


汚水配管は流す方向へ勾配を付けて自圧で流れる設計にしてあります。しかし新たに
寝室にトイレを設ける場合など、汚水配管の勾配が取れないなどから断念している場合もありました。

そんな時は汚水専用ポンプを利用することで取り付け可能になります。キッチンや
洗面台にも使用できますので、今まで“取りつけられないと”と思い込んでいた方も
一度検討してみてはいかがでしょうか。

古いトイレの壁、床を解体していきます。


便器の汚水配管を引くため
コンクリートスラブを部分的に
解体しています。


新しい汚水配管を引き直して
床板を張っていきます。




クロス工事

工事が終了するとクロス、床、サッシ、ドア・・・・といった物が表面上
目につくため、完成後のお客様のイメージを左右するものでもあります。

しかし、壁や床が傾いたり凹凸があっては、いくらクロスや床をきれいに張っても
クレームになってしまいます。やはり完成後きれいに仕上がっているのは、
見えない箇所もしっかり造っているからだと思っています。


内壁を張り終えた箇所にクロスを張る前のパテ打ちも始めました。


仕上用のパテを打ち、乾燥したら
サンドペーパーで均します。
その後、天井クロスを張っていきます。


天井クロスを張り終え、壁クロスも
どんどん張っていきます。



【リフォーム概要】
■所在地:千葉県市原市
■施工期間:約1ヶ月
■概略費用:約600万円
右この施工例の詳細はこちらから代表ブログでチェック


お問合せ

千葉中央ビルダーネットのロゴ

千葉中央ビルダーネットはトステムフランチャイズチェーンの「田仲トーヨー住器」が運営する地域の優良工務店ネットワークです。

千葉中央ビルダーネットでは、地域でまじめにがんばる優良工務店の施工例や最新イベント情報を紹介しています。


提供:ホームページ制作SEO対策担当e売るしくみ研究所