リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市

施工エリア

千葉市 中央区 緑区 若葉区
稲毛区 美浜区

市原市 袖ヶ浦市 木更津市

長柄町 長南町 大多喜町
千葉県全域

リフォーム,住宅リフォーム,費用,価格,外壁,屋根,瓦,棟,フェンス,耐震,キッチン,トイレ,エクステリア,

リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市 の トップページへ戻る
床のべコべコ解消で歩きやすい絨毯の
張り替えで気分も一新の1dayリフォーム



お客様のご要望

「絨毯が古くなってきたので交換したい」、「歩くと所々ベコベコする所がある」という事で床も含めて工事をすることになりました。


工事の流れ
リフォーム前
絨毯張り替え〜古い絨毯の剥がし
絨毯張り替え〜床板張り
絨毯張り替え〜絨毯張り開始
絨毯張り替え〜工事終了です



リフォーム前

床板はベニア板でその上に絨毯を張って
いました。
床板のベニア板のみの劣化で床下の根太には問題が無い状態でした。
そこで、現状の傷んでいるベニア板の上に新しい12mmベニア板を重ね張りし、
その上に新しい絨毯を張る工事になりました。現状は、既存の絨毯の上に更に絨毯を重ねてありました。




絨毯張り替え〜古い絨毯の剥がし

絨毯のことを英語でカーペットといいます。
でも絨毯とカーペットではイメージが異なるように感じるのは私だけでしょうか。
絨毯は高級でカーペットは安価というイメージが定着しているような気がします。
折込チラシなどで「カーペット○○円」という安売りを見かけるので、
自然と私自身が思い込んでいるのかもしれませんが。

古い絨毯の撤去から開始です。カッターで細かく切りながら撤去していきます。


絨毯の壁際を留めているグリッパーもバールなどで取外し、最後に絨毯下のフェルト(クッション材)を撤去して終了です。




絨毯張り替え〜床板張り

今回の工事は1日で終える予定なので

 ・内装屋さん・・・古い絨毯剥がし
 ・大工さん ・・・床板重ね張り
 ・内装屋さん・・・新しい絨毯引き

という作業なので、限られた時間内での作業になりました。こういう場合は
工事前の段取りが本当に大事になります。何事も段取り八部ですよね!

今回は床下の根太に問題ないため、
床板を重ね張りすることにしました。
12mmベニア板を床に合わせてカットしています。


古い床板の継ぎ目と新しく重ね張りする
ベニア板の継ぎ目が重ならないように
張っていきます。
釘打ち機で
留めていきます。


新しい12mmベニア板の重ね張りを、
予定通り午前中で終えました。




絨毯張り替え〜絨毯張り開始

絨毯の種類もたくさんありますが、今回お客様のご希望はウール100%で、
静電気防止、抗菌タイプの絨毯でした。

12mmベニア板を重ね張りしたため掃出し窓には12mmの段差が出ました。
この段差に見切り材を取り付けます。


絨毯の壁際などを引っ掛けて止めるためのグリッパーを新たに取付け、幅木を傷付けないようにしながら釘でグリッパーを
固定しています。


絨毯の下に引くクッション材を引いていきます。今回はハイクッションを使用します。


ハイクッションは部屋の形に合わせカットしながら、動かないようにタッカー
(ホッチキス)などで固定していきます。




絨毯張り替え〜工事終了です

ロール状に巻かれて運び込まれた絨毯を
広げて敷き込んでいきます。


絨毯を部屋の形状に合わせてカッターなどで切っていきます。


絨毯を張りながらグリッパーへ
引っ掛け留めていきます。
掃出し窓の見切り材のステップ部分に
ゴムの滑り止めを入れて完成です。


きれいに絨毯の張り替えができました。
歩くと沈み込むような状態が無くなった
床とクッション材から張り替えた絨毯を
確認して、とてもお喜びでした。
そして工期も1日という短期で終えることができたことも、お客様の負担が少なく、良かったというご感想もいただきました。


【リフォーム概要】
■所在地:千葉県市原市
■施工期間:1日
■概略費用:約30万円
右この施工例の詳細はこちらから代表ブログでチェック


お問合せ

千葉中央ビルダーネットのロゴ

千葉中央ビルダーネットはトステムフランチャイズチェーンの「田仲トーヨー住器」が運営する地域の優良工務店ネットワークです。

千葉中央ビルダーネットでは、地域でまじめにがんばる優良工務店の施工例や最新イベント情報を紹介しています。


提供:ホームページ制作SEO対策担当e売るしくみ研究所