リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市

施工エリア

千葉市 中央区 緑区 若葉区
稲毛区 美浜区

市原市 袖ヶ浦市 木更津市

長柄町 長南町 大多喜町
千葉県全域

リフォーム,住宅リフォーム,費用,価格,外壁,屋根,瓦,棟,フェンス,耐震,キッチン,トイレ,エクステリア,

リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市 の トップページへ戻る
中古住宅リフォーム:土台の補強編:市原市

中古住宅リフォーム、土台の補強リフォーム前の土台
土台の切断箇所の確認

前回からの中古住宅リフォームの続編です。
給湯器を取り替えするとき土台の切断を見つけたため、お客様負担で補強をすることになりました。まず、補強箇所のサイディングを取り外し、サイディングを釘で打ちつけて留めている胴縁も部分的に取り外します。


中古住宅リフォーム、土台の補強補強工事の様子
土台の補強が必要な理由

アンカーボルトを接着剤で固定

土台をドリルのようなもので切断した跡があります。さらに土台に乗っている間柱も切断されています。これは浴槽と給湯器をつなぐ配管の位置に土台があり邪魔になったため切断したのではないかと思われます。切断された土台は地震が来た時コンクリート基礎と緊結されていないため動いてしまい、十分な耐震強度がでません。人間で言うと足でしっかり踏ん張れない状態です。

土台からコンクリート基礎まで穴を開けてアンカーボルトで固定します。そのために土台にドリルで穴を開けています。
次にコンクリート基礎へそれぞれ専用のドリルで穴を開けます。



アンカーボルトを接着剤で固定

穴をきれいに掃除して、ケミカルアンカーというコンクリート専用の接着剤を入れて金属のアンカーボルトを入れます。接着剤がしっかり固まるまで、一日そのままにしておきます。


アンカーボルトでしっかり固定された土台

上の写真の翌日です。一日たって、カッチカッチに固まったアンカーボルトです。これに座金とナットを入れて閉めこみます。
切断された土台の両側をアンカーボルトでしっかり固定したので、もう大丈夫です。



透湿防水シートで雨漏り対策中古住宅リフォーム、土台の補強防水処理

工事箇所の透湿防水シートも内側に新たに重ねて雨漏り対策も確実にしました。

このような外から見えないトラブルは、お客様にはなかなか見つけにくいもの。
リニューアル工房シンテックスは、このようなケースでも建築や工事の知識が豊富ですので、対応いたします。

その他にもお住まいに関して何かご不安なことがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。



中古住宅リフォーム、土台の補強補強工事完了
サイディングの取り付け
サイディングを留めるためも胴縁を取り付け、サイディングを釘止めして終了です。

【物件スペック】
■所在地:市原市
■施工期間:2週間(すべてのリフォーム)
■おおまかな費用:約190万円(すべてのリフォーム)

*この中古住宅リフォームの屋根洗浄と地デジアンテナ取り付け編:市原市 はこちら
お風呂リフォーム編:市原市 はこちら
他の部位のリフォームも、後日アップいたします。おたのしみに!


お問合せ

千葉中央ビルダーネットのロゴ

千葉中央ビルダーネットはトステムフランチャイズチェーンの「田仲トーヨー住器」が運営する地域の優良工務店ネットワークです。

千葉中央ビルダーネットでは、地域でまじめにがんばる優良工務店の施工例や最新イベント情報を紹介しています。


提供:ホームページ制作SEO対策担当e売るしくみ研究所