リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市

施工エリア

千葉市 中央区 緑区 若葉区
稲毛区 美浜区

市原市 袖ヶ浦市 木更津市

長柄町 長南町 大多喜町
千葉県全域

リフォーム,住宅リフォーム,費用,価格,外壁,屋根,瓦,棟,フェンス,耐震,キッチン,トイレ,エクステリア,

リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市 の トップページへ戻る
屋根リフォーム:瓦のずれの改修と雨漏りを防ぐ全面積み替え工事:市原市

瓦のずれが気になっていたお客様。・・・というのも、訪問販売者が来て『瓦がずれていますよ。すぐ直さないと雨漏りする』と何度も言われて、気になっていたとのことです。
当社へのご依頼があったので確認してみると、棟の部分がずれていました。

リフォーム前
屋根リフォーム前

棟以外の部分には問題ありませんでした。
棟の部分は土を盛ってその上に瓦を載せてあるため、長い間に土が壊れて無くなる。乾燥して縮む。などして下の土が変形すると上に載ってある瓦も変形することが、今回の原因ではないかと思います。そこで、棟部分の積みなおしをすることになりました。


リフォーム中の様子
屋根リフォーム中

ずれている瓦は2階、1階の屋根全ての棟です。
2階から作業するのでハシゴを掛けました。棟瓦を取り外していきます。


屋根リフォーム中

瓦の下は土を盛った上に瓦を釘留める板を載せています。これらを全て取り除きます。
このように棟瓦の下は土が盛ってあり、雨風の当たる箇所を漆喰で保護しています。年数が経ち漆喰が壊れると土も崩れ、上に載っている瓦もずれることになります。
また、土自体が乾燥して縮んだ場合でも瓦と土の間に空洞ができてしまい、結局は瓦がずれる原因になります。


屋根リフォーム中

今回は、同じように土を盛るのではなく強化棟という方法で取り付けを行います。

棟の土を取り除いた後に、商品名『なんばん』という屋根瓦固定土を使用します。
漆喰より防水性、耐久性があり、乾燥するととても堅固になるものを瓦の中まで詰め込みます。



屋根リフォーム中

棟瓦はネジで棟瓦の下にある桟木(さんぎ)に固定します。
桟木(さんぎ)を固定する金具を棟金具といい、『なんばん』を敷き詰めた棟に沿って打ち込んでいき、さらに『なんばん』を盛っていきます。


屋根リフォーム中

この棟金具に桟木(さんぎ)を取り付けます。
桟木(さんぎ)を取り付けしたら、棟瓦を載せたときにきれいに見えるように両脇をきれいに仕上げていきます。


屋根リフォーム中

棟金具に桟木(さんぎ)を取り付け、両脇をきれいに仕上げました。
これに棟瓦を載せて元のように戻します。瓦1枚ずつビス穴をドリルで開けます。


屋根リフォーム中

ビスを桟木へ止めて棟瓦を固定しますが、ビス穴から水が入らないようにゴムパッキン付です。瓦1枚ずつ全てビス止めしました。


リフォーム後 完成
屋根リフォーム後

積み替えした棟の完成です。
きれいな仕上がりですね。全棟の積み替え工事に2日間かかりました。


【物件スペック】
■所在地:千葉県市原市
■施工期間:2日間
■おおまかな費用:約30万円

お問合せ

千葉中央ビルダーネットのロゴ

千葉中央ビルダーネットはトステムフランチャイズチェーンの「田仲トーヨー住器」が運営する地域の優良工務店ネットワークです。

千葉中央ビルダーネットでは、地域でまじめにがんばる優良工務店の施工例や最新イベント情報を紹介しています。


提供:ホームページ制作SEO対策担当e売るしくみ研究所